GoldilocksGolf

ユーザーマニュアル:パター

Goldilocksでは安全かつ快適にゴルフを楽しんでいただくために、お客様に下記のゴルフクラブの使い方やお手入れの方法、保管方法のご理解をお願いしております。
本書に書かれている内容をよくお読みいただき、各項目をお守りいただきゴルフをお楽しみ下さい。



安全のため必ず守っていただきたいこと

打球には適切なものを使用する
打球はゴルフボールや専用に開発された練習器具以外で行わないで下さい。また、石の上やコンクリートといった硬いものの上では打たないで下さい。けがやゴルフクラブの破損の原因となります。

周囲に注意を払う
スイングを行う際は周囲の人や建造物、樹木などに当たらない様行って下さい。また、スイングしたクラブが地面に当たり砂や石が飛散し周囲の人、建造物、樹木などに危害を与えないかを確認の上ご使用下さい。
それらはクラブの破損や本人や周囲の人のけがや死亡事故につながる恐れがあります。

自分に合ったクラブの使用
力が強かったり、スイングスピードの速い方がレディース用クラブやシニア用クラブ、ジュニア用クラブ、スペックの合わないものを使用するとクラブの破損やけがの原因となります。必ずご自身に合ったものを選んで下さい。

パターでのショットの禁止
パターは、グリーン上でのパッティング及びグリーン周りからのアプローチの為に設計されております。ヘッドの抜けやシャフト折れといった破損や事故の原因となりますので、それ以外では使用しないで下さい。
また、表面処理や精密な切削加工を行っているモデルでは、万が一ショット等を行うと、精度に狂いが出てしまったり表面処理が破損する恐れがあります。

各部の確認を行う
ゴルフクラブの使用の前には必ず各部に異常が無いかをご確認下さい。シャフトやヘッド・グリップのひび割れ、ネジや装飾のガタツキや緩み、グリップ表面の摩擦力低下が見られる場合は、事故や破損の原因となりますので、ご使用にならないで下さい。

摩耗したグリップの交換
表面が摩耗・ひび割れ・硬化したグリップは必ず新品に交換して下さい。スイング中にクラブが抜けたり、滑ったりして自身のけがや周囲の人との事故を誘発する恐れがあります。

落雷について
ラウンドや屋外での使用中に雷が鳴り始めたら、なるべく早くクラブを体から遠ざけて、避難小屋などの安全な場所に避難して下さい。ゴルフクラブは電気を通し、感電する恐れがあります。



注意していただきたいこと・お願いしたいこと

ヘッドの保護
ヘッドカバーが付属している製品はご使用時以外はヘッドカバーを装着して下さい。凹みや傷、塗装や表面処理に破損がでる場合があります。
また、バッグから取り出す場合はシャフトに過度な力がかかったりしない様に注意して下さい。カートのパター入れに同伴者等のクラブと一緒に収納する場合は、パター同士が当たりキズや破損の原因とならない様、ヘッドカバーを付け保護をして下さい。

ヘッド構造について
ヘッドにボルトやネジなどが取り付けられているモデルの場合、何れかの調整機能を有している旨が明示されていないゴルフクラブは絶対にボルトやネジを緩めたり分解しないで下さい。
ゴルフクラブの破損や故障を招き、けがや事故の元となります。また、保証の対象外となりますのでご注意下さい。

シャフトの折れ口に注意
シャフトが割れたり、折れたりした場合は該当箇所に触れないで下さい。切り傷や刺し傷の原因となります。折れたり割れたシャフトでけがをしない様に、テープや布で保護し出来るだけ早くシャフト交換を行って下さい。

極端な打撃位置の注意
フェースの中でも極端にヒールやトゥによったショットはヘッドやシャフト等の破損につながる恐れがあります。極端な打撃位置でショットを行った際は必ずクラブに異常が無いかを確認して下さい。また、フェース以外では打撃を行ったり強い衝撃を与えない様にして下さい。破損や事故の原因となります。

クラブを大切に
クラブの上に物を載せたり踏んだりしないで下さい。また、クラブを叩きつけたり、杖替わりにしたり調子を確かめるために力を加えて曲げたり、捩じったりしないで下さい。クラブの破損や事故の原因となります。

運搬時の注意
運搬時にはキャディバッグを利用するなど、クラブに傷や破損が起きない様に収納や包装に注意して下さい。
また、キャディバッグに収納時もバッグの転倒などに配慮しゴルフクラブに過度な衝撃を与えない様にして下さい。

クラブのお手入れについて

ヘッド
ゴルフクラブに付着した砂や泥、芝等を傷が付かないブラシで落として下さい。
柔らかい乾いた布で水分、農薬、肥料等をふき取って下さい。
ヘッドには素材や必ず表面状態にあった市販のクリーナーを塗布して下さい。
柔らかい乾いた布でクリーナーをふき取り、磨き上げて下さい。
※研磨剤入りのクリーナーやスチールウール・研磨紙等は、クラブ表面を傷つけたり剥す恐れがありますので使用はお控え下さい。

シャフト
柔らかい乾いた布で、付着した汚れや泥、埃等をふき取って下さい。
スチールやカーボンといった素材にあったクリーナーやオイル・ムース等を塗って、柔らかい乾いた布で磨いて下さい。

ウレタングリップ、ラバーグリップ
乾いた布で汚れを取り、専用のクリーナーを使用して下さい。
素材に合わないものを使用すると表面を傷めたり、溶かしたりする場合があります。

その他
雨の日のプレー後は柔らかい乾いた布でクラブ全体の水分をよく取り、風通しの良い場所で陰干しをして下さい。
キャディバッグやヘッドカバーの湿気も錆びや腐食の原因になりますので、ゴルフクラブをキャディバッグから出しヘッドカバーを外して下さい。

クラブの保管方法
車のトランクなどの高温多湿になる場所には、長時間保管しないで下さい。
子供や事故の恐れがある人が取り出して振らない様に、ゴルフクラブを管理して下さい。
保管場所から落下したり、倒れたりして事故の起きない場所に保管して下さい。
火気に近づけたり、その恐れがある場所に保管しないで下さい。

修理について
修理が必要な場合は、商品をお買い上げの店舗にお申し出下さい。ご自身で修理を行うと予期せぬ故障や事故の恐れがあります。

改造について
クラブを改造された場合は、メーカーとして一切の補償及び責任を取る事ができません。